HOME

>

スタッフブログ

>

カテゴリー:日々色々

エントリー

一週間休んでもゲームは作れないが(藤田)

  • 12.26
  • 2016

死ぬほど忙しい時期を越えもぎ取った一週間の休み!

旅行してアニメ観て美味いもん食ってゲームして終わった。

時間だけあっても創作は出来ない、という典型的なケースを体現してしまった……

そして今、年賀状制作とブログの更新を勢いで行い、大晦日まで仕事。

folさんや遠野さんを見てると仕事関係ないな!ては思う。

いや、関係なくは無いんだ。仕事忙しいから空き時間は休息や気分転換で終了。

実際に在宅と兼業してた時は作り続けてた。

でもそれだけじゃないんですよね。

一度燃え尽き、炉が冷えた。再点火には創り続ける以上にエネルギーが要る。

あれほど時間があれば物語の妄想ばかりだったのに。

そんなあまりに悲しい、今更ながらの気付き。

でも炉は残ってるんです。時々磨いてて悲しくなるほどチンケなものですが。

それに二度と火をつけないままで終わりたくない。

しかし出来てないからこれ以上頑張りたいアピールしても虚しい。

とりあえず掌編からでもサークルメンバーに読んでもらいたくなる物語を描く。

今年最後にして来年最初の目標です。

皆様来年も宜しくお願いします。

一週間ぐらい仕事休めばゲームは作れるのか?(藤田)

  • 10.10
  • 2016

こうね、仕事が「忙しくて何も出来ない!」と言うと、

お前FGOやって漫画読んでアニメ観て呑みに行ってるじゃねぇかその時間でゲーム創れよ

と心に住んでる鬱サキュみたいな天使がささやいてくるんですよ。

いやまぁその通り、と言うと思ったか!話はそんな単純ではない!

好きなことなのに時間が空いた時にやらないのはもう情熱がなくなったんじゃない?

とか

仕事忙しいのに創作継続している人たちもいる。仕事忙しいは言い訳!

とか

誰に言われたわけでもなく自分で自分を追い詰めて本当に創作止めちゃった人少なくないと思う。

それはとても勿体無い。正論が人の為になるとは限らないのです。

何かを形にするのは結構エネルギーが必要なのです。

好きなことにも色々あって「好き=いつでも積極的に出来ること」ではないのです。

なので「創作出来ない自分はダメだ」などと落ち込まずぐりんぐりん妄想するのを忘れずに。

創作するのを止めてしまうのは自分の中の世界を殺してしまうことだから。

というわけで殺されたくないのでタイトルの通り長期休暇取得の根回し中……

今の繁忙期をパーフェクトにクリアして休暇届を叩きつけてやる!

そして一年が過ぎた(藤田)

  • 08.28
  • 2016

「ちな恋。」リリース予定だった夏が過ぎて行きますね……

一年ぶりの更新です。色々は無かったんですが無かった事が問題でして。

ちな恋は三人のシナリオライターが合作して完成させる事が前提でした。

逆に言うと一人脱落すると全部動かなくなる……

いや、いつか戻ってくると今でも少し信じてるんですが。

そしてシナリオが停滞すると平行して進める作業にも限界があることも実感。

とはいえ立ち絵ある音楽ある背景写真も集まっているシナリオも形になっている部分もある。

どうすればいいのかわからなくなって動けない自分に焦りばかりが重なる。

そして時間が忙殺されていく。

ふがいなさとか罪悪感が何故かあってますます怖くなる。

最早見捨てられてるだろうと思っていたんです。

でもそれは誤解だったらしく、こうしてブログを更新しています。

ありがとうございます。

ちな恋についてはメンバー内の情報共有を行ってどう扱うか決めていきます。

あと今後暫くは大物を作ろうとせず形にしやすいものを公開していきたいです。

方向性が見えてきたらまたここでお話できたらと思います。

今年もありがとうございました(藤田)

  • 12.21
  • 2014

今年中には俺のシナリオ担当作業はほぼ終わるはずやったやけど……終わりませんでした!

腹案だったのも新案もプロットが内部で通らないまま今年終了。

あと進行やら演出やらデザインコンセプトやら外注さんの手配やら。

9月に幼少期のシナリオが終わって他の事も見れるようになったと思いきや。

今はご覧の通りなにも終わっていない……これが現実……!

しかしこんな事ではくじけない。俺のシナリオさえどうにかなればあとはどうとでもなるんです。

俺が脱稿さえすれば進行や演出に注力できるし他のシナリオ担当も制作しやすい。

伝えたい事とかやりたい事は企画書の最初に書けよ、というのはその通りです。

それを怠ったが故の苦戦を来年は反省して「ちなみに、恋。」制作を続けたいと思います。

多忙の中、迷走しても支えて導こうとしてくれたり、刺激になるようなものを見せてくれたり。

メンバーのみんなには今年も感謝でいっぱいです。ありがとうございます。

でもそろそろゴール地点がわかるように来年初頭から頑張りますので宜しくお願いします。

そして何か縁あってこのページを訪れて頂いた皆様。

中々有益な情報を出せる段階にないのがもどかしいですが必ず良いモノをつくります。

期待してお待ちください。

では良いお年を!

迫る年の瀬(藤田)

  • 11.02
  • 2014

十一月に突入したと思ったらもう二日目……

年内に自分の担当シナリオは描き終わりたい。

そう言っていたのは9月中旬。

警備はクリスマスから元日までは死ぬほど働かされます。

見返りに元日の後はまとめて休めるんです。

その時は冬コミで趨勢を見極めてシナリオ以外の作業に入っていたい。

入っていないと困る。入りたいの……入らせて!

とは言えノベルゲームの肝はそりゃシナリオですから雑に進める訳にもいかず。

働かない、もしくは最小限の労働で済ませられる立場でも無くなり。

でも何か作らずに生きていく事も出来ない位には制作にのめり込んでる。

もうすぐサークル結成から四回目の年越しです。

とりあえずメンバーみんなが平穏に年を越せますように。

烈火の如く燃える心(藤田)

  • 10.15
  • 2014

ガンダムビルドファイターズトライ面白いですね!

藤田は一応物書きで稼いではいたんです。兼業じゃないと生活できない程度ですが。

でも若い人達に仕事どんどん取られて、もがいていた時に言われたんです。

「お前、才能ないよ」

しばらく色んな事を諦めてました。

兼業の警備は向いてたらしくて、良い条件で専業を勧められて。でも迷って。

受けたら書き仕事は殆ど出来なくなります。いや今も仕事無いんですが。

もう35歳なので限界を感じていたんです。向いてる事に専念した方が良いと。

そんな事を考えながらガンビルトライ二話を見たんですよ。

来週持ち込みに東京に行ってきます。それで駄目でもまだまだ!です。

「ちなみに、恋。」担当ヒロインの名前は最初「烈火」だったんです。

メンバー全員の反対を受けて「渚」になったんですが、彼女の本質は変わりません。

そして彼女のテーマは藤田自身のテーマでもあります。

後ろを向いてたら書けないと思ったんです。

頑張ります。

ユーティリティ

archives

feed