HOME

>

スタッフブログ

>

2012/01

エントリー

命を懸けて(藤田)

  • 01.30
  • 2012

遠野さんのエクストリームブログを期待してた皆ごめんよ!呼ばれなくても代打登場、藤田です。

いや実は色々あってシナリオを一週間で丸々一本書き直しまして……「葬送カノン」が始まってからもう既に私のシナリオは3回生まれ変わっており、三度目の正直だと思いたい。でも基本的に「自分の書いたシナリオで自分が泣ける」超ナルシストなので書いてしまえば楽しいのでいいのです。「それ本気で面白いと思って書いてるの?おもしろくねーよ」ってツイッターに書き込まれてへこむ夢を制作中二回見たけど……

さて実は2月に私用で東京に出かけることになりまして、比較的ゆとりのあるスケジュールなので、ちょっと地元じゃ無いような店にいってみようと思って思いついたのが「オイスターバー」です。2月といえばまだ寒く、牡蠣も美味しい季節です。東京のオイスターバーで検索すれば世界各地の牡蠣を扱っている店が沢山あって、無類の牡蠣好きとしては、やはり生牡蠣を飲み物のようにゴクゴク食べたいなぁ、と思いながら涎を垂らして華やかな生牡蠣の写真を見ていたのです。

と、そうしている内に私は、オイスターバーのホームページに高い確率で記載されてる警告文に目が留まりました。

「生牡蠣の食べ過ぎにご注意ください」

……何故お店が自らの首を絞めるような警告をしているのだろうか?不安になり「生牡蠣 食べすぎ」で検索してみると、昔の文豪で177個食べても平気だったらしいので今の衛生環境なら問題無い、との内容があり「じゃあ50個くらい大丈夫だよね」と楽観視して生牡蠣ネットサーフィンを続けました。

すると、「食べ過ぎても平気」などとは比べものにならない程見つかる「牡蠣で食あたりがいかに恐ろしいか」という体験談……!特に生牡蠣はヒットすれば二度と生牡蠣が食べれなくなるほどだという事を色んな方が語っておりました。薄々そんな気がしてたけどね……

「生牡蠣はロシアンルーレットだ。食べても当たらないかもしれないが食べ続ければいずれ必ず当たる」

確かに「自分だけは大丈夫」って死亡フラグですよね……orzしょうがない、数個で我慢しよう。そう思い落胆していましたが、あるサイトの人が言ってました。その方は生牡蠣20個で入院したそうですが「もう生牡蠣は食べない?」という問いに「とんでもない!あの生牡蠣を食べまくる至福の時間に比べたらこれくらい問題無いさ」と。

そうだ。当たるか当たらないかは問題じゃない。食べたい物を、食べたいだけ、食べられるうちに、食べるべきだ。牡蠣の食べすぎで死ぬなら本望じゃないか。むしろ浴びるほど生牡蠣を食べる経験をしないまま死ぬ方が未練。人間いずれ死ぬなら、俺は食べて死ぬ!

というわけでわけのわからない勇気を貰ったので、命がけで生牡蠣大食してきます!
ちなみに生き残れたら次の日はラーメン二郎に行く予定です。

>>胃腸
生きる事を諦めるな!

ヨーソロー(ホコロ)

  • 01.23
  • 2012

今更もういい、もう一月末だよ?

とか言われそうですが、私の記事はこれが今年最初なので言わせてください。

 

明けましておめでとうございます!

今年もBRANZNEWをよろしくお願いします!!

 

いやあ、もう一月も末ですよ。

つい昨日カウントダウンしていたような気もするのに……

 

さて、言いたいことはいったので、残りのスペースなにを書きましょうか。

あ、ちなみに私は夏でもモチを食べるモチ好きです。

米が好きなんです。だからもち米も好きでモチも好き。

好きな食べ方はチーズ海苔巻き。

モチの話ももういいよって言われそうですが……

 

では、もう少し実のある話を。

昨年は「青春カルテット」公開。

今年は「葬送カノン」が公開される予定です。

絵師様も無事決まり、正に面舵いっぱーいといった風に完成目指して突き進んでおります。

余談ですが、ヨーソローって「宜しく候」のことなんですね。外国語だと思ってました。

青春カルテットが爽やかな青春の青ならば、葬送カノンは鯨幕のモノクロか。

昨年とは違うBRANZNEWの新しい一面をお披露目できることでしょう。

お楽しみに!

 

というか、私が楽しみだ(笑)

私もBRANZNEWの一員として頑張ります!

あけましておめでとうございました(ひなみや)

  • 01.16
  • 2012

2012年最初の月ももう半ばになりますが、あけましておめでとうございます。
我が家では毎年大量におもちをつくので、いまだに冷凍庫に2週間ぶんくらいは残っています。そろそろ食卓にも並ばなくなってきましたがきなこ餅が大好きなのでおやつに消費できそう。しかしモチパフェが気になるところ。
成人式もすでに終わりましたが、ツイッターで振袖姿をアップしてくれる新成人の女の子にデレデレして過ごしておりました。私本人の思い出といえば、セットした頭がずっとずきずきしていて夜のお姉さんとか毎晩苦労してるんだな…と思ったことです。

制作中の「葬送カノン」、現在私自身は全体像を想像しながらぐるんぐるんしているところです。
スクリプトよりもどちらかというとグラフィック関連ですね。今回他のメンバーも細かくネタ出ししてくれるので助かっています。

シナリオ班がシナリオを練っている間、個人的に別件でスクリプトを手伝わせていただく機会があり、短編をひとつ完成までもっていったこと・サークルメンバー以外の方と作業したことで勉強になることが本当に予想以上に多かったです。それをうまく取り入れたいと思いますし、サークル自体でも2作目ということもあり、1作目の反省点を活かしていければと思います。…正直初めてのことが多くあわあわしたまま進んでしまった感があり、あまり細かいことは覚えてないのですが。 きっと他のメンバーが客観的に見ていてくれていたはず…

絵師さんにも多数応募いただき、本当に嬉しい限りです。
一緒に作業していただくことになった方も今回は残念ながらお断りすることになってしまった方も関わりなく、みなさんのお気持ちに見合った作品を完成させられるよう気を引き締めてまいります。

……堅い!文章書きでないのでうまいこといえず申し訳ないです。
今年も個性的なメンバーが揃ったBRANZNEWの凡庸ポジションとして頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。 

そろそろ、おもち食べ飽きた頃で……(fol)

  • 01.08
  • 2012

皆さま、あけましておめでとうございます。

現在、新作を鋭意製作中の『BRANZNEW』

本年もご愛顧のほど、よろしくお願いします。

 

そんな訳で本題ことタイトルへ。お正月の飾り用に購入したおもちも、そろそろ処分時。

雑煮・焼き餅・ぜんざい・ピザ風etc……etc。わりと手を尽くしては見たものの、

やっぱり毎年なだけに飽きるのも早いです。

ならばと、ネットに広がるもちレシピを調べてみたりと手広くするのが一番だ!

と思った矢先、白くホカホカのつき立てが家におこしになりました。増えた∑(・д・ノ)

結果、本日のおやつはつき立てのおもちを使用したモチパフェとしておいしく頂いております。

アイスの冷たさと、もちの温かさがほどよく甘みを引き出して(。・Д・。)ンマッ!!


と……ここまで書いてタイトルと関係なかった気がしないでもないこともないような。

2012年もこんな感じでgdgdかもしれませんが、

今年の抱負は、去年より多くの作品制作が進められるように、力を入れていきたいと思います。<(_ _)> 

響き渡れ我らのカノン(藤田)

  • 01.01
  • 2012

新年明けましておめでとうございます!

昨年青春カルテットをプレイしてくださった方は勿論、このホームページを観て頂いた方々も、ありがとうございます。
またサークルメンバーも未熟な私の進行に真摯に応えてくれて、ありがとうございます。
そして青春カルテットの完成に力を貸してくださった外注様、本当に感謝しております。
同人ゲームサークル「BRANZNEW」は今年も楽しく、でも真剣に、時々ゆるゆる、でも確実に、制作活動を続けていきますので宜しくお願いいたします。

さてブログや助っ人さん募集などで名前が出ています「葬送カノン」これが現在製作中のBRANZNEW制作ノベルゲーム第二弾のタイトルとなります。今回もシナリオ班四名の個性的な、でもそれぞれが絶妙に絡み合うお話をお届けする予定です。前作「青春カルテット」よりボリュームアップして、なおかつ青春カルテットより各人の持ち味が楽しんでいただける作品になりますので、是非ご期待ください!
ちなみに現在シナリオに指示を入れている最中で、年明け間もなくシナリオはゲームに使用するに相応しい段階になります。夏前には完成して公開出来ればと考えております。

この「葬送カノン」現状はちゃんとそれぞれのシナリオが関連付けされたり、テーマがばらつかない様に指針を共有して(ゲームにするには具体的なイメージはもっと詰めないとですが)おりますが、実はお恥ずかしい話、企画立ち上げ時に皆で話したコンセプトを、最初に私が忘れて制作してしまい、結果他のメンバーさんがやりたかった事を潰してしまったのです。ごめんなさいorz

でも、身内自慢になってしまいますが、他のメンバーさんは怒るでもなく、自然にその流れに合わせて制作を進めてくださり、最初分解直前だったこの企画は、このタイトルが自然に生まれるまでに、それぞれの話を合わせて進んでいったのです。

そしてこのゲームの構成はまさしく「カノン」ストーリーの輪唱になるのでは?と私は現時点で考えています。
その他にもこの「葬送カノン」というタイトルに相応しいちょっとした工夫もアイディアとして出ていまして、それはまだ内緒ですが、青春カルテットとは違った、でも一歩成長した作品をお届けできると思います。

ボリュームが増えた分、作業も大きく増えており、今から中々大変だなー、とは思っておりますが良い物ができる様、この後も全力で行きます!

さて、と、じゃあ自分正月なので遊びに行きます。三が日はお休みー
え、「三が日は全部制作にあてる!」言ってたじゃないかって?
……そんな昔の発言は忘れた!!
あ、え、ちょっと皆さん目が恐い、いやいやだから俺は三が日は休もうってチラッと言ってたしクリエイターの閃きにはには休息大切!
……「クリエイタァ?」って皆疑問文やめてくださいいや確かに自称ですがいや鼻で笑わないで悲しい。

(業務連絡)
というわけで2日までちょっと出かけます。3日から頑張りますごめんなさい(;_;)

ユーティリティ

archives

feed