HOME

>

スタッフブログ

>

終わらないプロット(藤田)

終わらないプロット(藤田)

  • 02.15
  • 2015

はいバレンタインデーも終わって世界が平和に満たされました!

でも去年中に執筆完了してたはずの担当シナリオのプロットすら通ってません……

何故かと言えば、今思えばですが、本命のシナリオ案を事前確認してなかったからですね。

「同人ゲームでノベルゲームはシナリオが完成してからゲーム部分に行けばいい」

同人って仲間の影響で内容が変わっていく事が良い方向に行く事はあります。

俺のシナリオに関してはサエリさんの立ち絵が無かったら今の原型も残ってなかったでしょう。

だから何回かゲーム完成を経験してからシナリオ以外を先行させたのは無しでは無いです。

むしろ長期化とシナリオの肥大によってシナリオがジェンガ状態なのが問題。

正確に言うとちな恋は藤田が企画主導なので土台は任せて貰ってます。

そこをシナリオの構成をブロック化して入れ替えは容易だと思い独断先行。

結果自分の担当部ですら入れ替え困難なシナリオ亀甲縛り状態に。

同人ゲームにあるノウハウ「企画段階で詰めれるだけ詰めておけ」

これを守らないと長期制作は苦戦必死だと今更……

あと場数を踏んでても再三リテイクしてると見失う。

他のメンバーさんにアドバイスを貰って再度突き進むんですが

それもやりすぎると自分を見事に見失う。何を書くべきかわからなくなる。

でも寝ても覚めてもシナリオの事ばかり考えてるのは苦しいけど楽しい。

仕事中に受けた理不尽なクレームの怒りも考えてる間に消えていく。

あー働かないで完成までずっと思索と試作を繰り返したい……

社会人として駄目です。お金は働かないと無くなる。

あとシナリオのみ担当してても問題なのに全体進行までノビノビにするのも駄目です。

集団制作は準備八割が特に重要、詰まると瀕死。

身を持って体験してますので今後作る人は気をつけてね♪

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

archives

feed