HOME

>

スタッフブログ

>

#7 外注さんははぐれメタル?(藤田)

#7 外注さんははぐれメタル?(藤田)

  • 08.21
  • 2012

ご覧くださいませトップ絵に遂に葬送カノンの絵が入りましたよぉぉぉぉ!!

いやツイッターでも何でも早く告知しろよ(ツッコミ)

でもご覧くだされ超可愛いですよぉぉぉぉ!!

夏休みで脳まで蕩けた藤田が御送りする葬送カノン制作記第7回!そろそろ葬送カノンの内容に触れて行きたいですね!

が!理性的な他のメンバーによる検閲が必要と思われますので今回は外注さんについてのお話で。

ウチは絵師さんがいませんので前回、今回と外注さんにお願いしてます。そして毎回一回は逃げられてます。前回については逃げた段階では私はリーダーじゃなかったので深い理由は分かりませんけど、今回も最初にお願いした絵師さんが突如音信不通……理性的に対応したものの無駄にした時間や、音信が途絶えた時に信じてメールを送ったりして不安で磨り減った神経を帰して欲しいですが、進んでから逃げられるよりはマシ……かな?

逃げられるって言うのはゲーム制作の進行上のダメージも大きいですが、やはり精神的ダメージも大きいです。何か自分に至らぬ事があったんだろう、とか知らぬうちにやる気が萎える言動をしてしまっただろうか?と、自分を責める事は暫くありました。音信不通で逃走されてしまうと特に辛いですし、外注さん募集で「とにかく最後までやっていただける方」と書き添える方が多いのも分かります。

でも話し合いの上で離脱ならともかく、いきなり音信不通は結局理由は分からないんです。勿論自分の進行やコミュニケーション、組織体制に問題が無いか省みる機会ではあります。でもきっと逃げてしまうのは珍しい事ではないのでしょう。だから今思えば、逃げられた事をウジウジ気にしてるより気持ちを切り替えて今までを無駄にしないための対応を考えた方が建設的です。

そう思えたのは、多分自分が一人じゃなかったからです。拙い運営でもついて来てくれるメンバーがいるからめげても立ち直れました。失った物を数えず、今あるものの大切さに再度気がつけたなら、それもまた経験です。

そして運良く次にお願いした絵師さんが凄く優秀な事だってあるんですよ!ご覧くださいトップ絵のキュティーなヒロインを!まだお名前出していいか確認してないので言えませんが、絵の素敵さは勿論、仕事が早くてレスポンスも早くて苦手な絵にも挑戦して頂いてそれも凄く頑張って凄く素敵な絵をまた作っていただいて、とにかく本当に「この人に頼んで良かった」としみじみ思っております。

青春カルテットの絵師さんも、メンバーのお友達でしたが、無理を聞いていただいて丁寧に想像以上に素敵な絵をご覧の通り仕上げていただきました。最初に逃げてしまった方よりも最後までキッチリ良い仕事をしていただける方にお願いできた結果の方が良いです。

だから逃げられた痛みに怯むのも分かりますが、めげずに次の一手を打てれば良い結果に近づけますから、不信を振り払って頑張る事は無駄じゃないと思います。ウチの場合は制作の佳境で逃げられたわけではないので、ダメージも小さい方だったから言えるのかもしれませんが……

「逃げられる事もある。だからこそ良い方にめぐり合えた」というポジティブシンキング大切、という結論でまた次回!

でもでも、なんで逃げられたんだろう……(ウジウジ)

関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

archives

feed