HOME

>

スタッフブログ

>

#8 今此処にある危機(素材探索編)(藤田)

#8 今此処にある危機(素材探索編)(藤田)

  • 09.07
  • 2012

どうやら観客が大勢いるようだな……フッ、俺の出番だ!ショーターイム!(全裸)

はい、というわけで出だしからダダ滑り迷走中年リーダーが御送りする「葬送カノン制作記」も8回目です!今回は今正に起こっている問題を暴露します!

探し忘れてた素材が、今更多数発見されて、素材再捜索地獄

あれほど此処でラストチェック終りました!再ラストチェック終りました!と言い再々ラストチェックですよ!なんということでしょう!どうしてこうなった!?ちゃんとチェック表を作らなかったからだ!あと自己申告に任せた結果であります!

テンション戻して解説しますと私のパソコンには表計算ソフトが入っておらず、汎用性を考えてチェックリストをtxtで作ってました。素材名と発見してOKが出たものは横に丸をつけていく、だけのものです。青春カルテットはそれで良かった。しかし葬送カノンは、今回の事態を受けて素材をフリーの表計算ソフトにピックアップした所、背景だけでも80枚以上ある……txtで管理しきれるハズがない。SEは数えたくない。

この素材の探索や管理で頓挫する制作は結構あると思います。最初は素材の事なんか考えずに夢詰め込んで造りますから。多分この夢詰め込んでる段階が一番楽しい。しかしいざシナリオなりゲームデザインをやってみると、早速詰め込んだ夢が非常に大きすぎる事に気が付くはずです。シナリオなら思ったとおりに書くことの難しさや殆どが地道な積み上げ作業である事の苦痛(巧く行ったら逆に脳汁ダダ漏れですが)ゲームデザインなら派手なシステムより地味な設計の大変さ、ここでの頓挫率は7割超えてるらしいですが、それも仕方がない大変さです。そして残りの2割を振り落とすのが実装する為の管理進行や必要な素材の調達管理の煩わしさなのもわかります。ゲーム制作に対する夢や憧れを原動力に頑張って、ようやく根っこが完成したらその後に待っていた更なる地味でメンドクサイ作業。私も青春カルテットでは文句言いながら探索してました。葬送カノンでも文句は言ってましたが。まぁ以前書いたとおりこういう作業は総括やリーダーが積極的にやるメリットは大きいですからそれはいいです。それにここを越えてスクリプトさんに作業を引き継げた時の達成感も非常に大きいです。気持ち良いですよー今回は三度転落しましたがそれもそれ。

とにかく無駄手間を無くしたスムーズな進行には表計算ソフトや管理ツールをめんどくさがらずに導入して、早めに素材のピックアップを行い、出来れば短期決戦で探すのが良いと思います。いくら達成感が凄いと言っても経験しないとわからないですから、集中して一気にやらないとやる気も減っていきますし、探しながら指定された素材の方向が混乱していきます。でもマメな人はこんな事当たり前かも知れませんね。あと、素材サイト様を使う場合はどのサイトさんのなんと言うファイルを使ったのか判る様に整理整頓して管理した方がいいのも当然ですね。

……というわけで公開予定まで4ヶ月を切ったのに未だに素材探索なうなのは自業自得であります。見つからない素材は呪われたかのように見つかりませんが、ふと思い出したようにスルッと発見もしますので、地道に頑張りましょう。

次こそ作品紹介やHPの更新について触れていきますので宜しくお願いします。

では!



関連エントリー

ページ移動

ユーティリティ

archives

feed